行政書士の最大の魅力は即独!!

<行政書士は即、独立開業が可能>
数ある資格の中でも行政書士は、圧倒的な人気を誇っています。
誰でも受験することが可能なこと。就職や転職に有利なこと。弁護士や司法書士と同じ法律系の国家資格であること。仕事の幅が広いこと。などなど、行政書士の魅力は様々ですが、最大の魅力はなんといっても、資格取得後、即、独立開業(略して「即独」ともいわれています。)が可能、というところにあるでしょう。
行政書士は官公庁などへ提出する書類作成や、個人や法人間の契約書の作成など文書作成がメイン業務となるため、レストランや美容室などのように、開業前にお金をかけて必要なものを揃える必要はありません。
自宅の空きスペースがあれば、そこに紙とペン、パソコンや電話などを備えれば行政書士としての仕事は十分できます。

<困難も伴うが大きなやりがいも>
行政書士の資格取得後、すぐに独立開業することは十分可能なわけですが、困難も伴います。
集客や宣伝方法、仕事の見つけ方などは自分で考えて行動に移さなくてはなりません。
仕事がなければ、収入も得られませんから食べていくのに困ってしまいます。
しかし、効率的に集客、宣伝を行い、地道に仕事を見つける努力を続けていけば、必ず結果はついてきます。
自分の努力次第で、大きな成功を手にすることができるのが行政書士の仕事なのです。
つまり、独立開業は困難も伴いますが、大きな達成感ややりがいを感じることもできるのです。

<独立開業を成功させるためには>
独立開業を成功させるためには、どのような分野で業務を展開し、どのような経営方針で行政書士業を行っていくのか、明確なビジョンを持つ必要があります。
また、社会が求めるニーズをいち早く読み取り、それを行政書士の業務に反映させることができるか否かも、独立開業を成功させるポイントになるでしょう。