気になる行政書士の年収は?

<行政書士の年収はどのくらい?>
行政書士の年収はどのくらいなのでしょうか?
行政書士といえば、弁護士や司法書士と並ぶ同じ法律系の国家資格でもあるのだから、年収はかなり高いのではないか?と思う方もいるでしょう。
行政書士の平均年収は500万円程度といわれていますが、これは必ずしも正確な金額ではないようです。行政書士開業1年目で年収50万円以下という方もいれば、行政書士開業10年目で年収3000万円を超えている方もいるからです。
このように行政書士の年収には大きな開きがありますが、これは行政書士業の経営方針や取り扱う業務内容が異なるためとも考えられます。

<行政書士の年収は自分次第>
行政書士が作成することができる書類は、数千種類以上にもなります。
行政書士として、どのような分野でどのように業務を行っていくかを決めるのは自分自身です。
飲食店などの許認可手続きから成年後見、外国人の帰化申請や相続関係と幅広く業務を展開している行政書士もいれば、業務内容を交通事故や離婚関連に絞ってこれらを専門的に取り扱う行政書士もいます。
自分の地元を行政書士業務の拠点として、地域の人々からの依頼や相談に応じる行政書士もいれば、インターネットを駆使して全国からの依頼や相談に対応している行政書士もいます。
どの分野でどのように業務を行えば、行政書士として最も高い年収が得られるのか?ということは誰もが気になるところですが、行政書士の業務はどの分野においてもどのような業務展開をしても、年収は自分次第で高くもなり、低くもなるものなのです。
高い年収を得ることを目標に、地道に努力すれば結果は必ずついてくるというのも行政書士の持つ魅力です。