書類作成のプロ!行政書士とは?

<行政書士の業務内容とは?>
行政書士という言葉を耳にしたことがある人は多くても、行政書士とはどんな業務を行っているのか、知っている人は少ないのではないでしょうか。
行政書士は、都道府県や市町村、警察署などの役所へ提出する書類の代理作成・提出の他、個人や会社などで交わされる契約書や議事録など権利義務・事実証明に関する書類の作成や、作成に伴う相談などを主に業務として行っています。
行政書士が作成することができる書類は実に数千種類以上にも及び、取り扱える業務内容も非常に多岐にわたるため、行政書士とはどんな業務を行っているのか一般によく理解されにくいのかも知れません。

<行政書士とは書類作成のプロ>
役所などへ提出する書類の中には、内容が複雑で難解なものや、添付する書類がたくさん必要だったりするものもあって、提出書類の作成に悩んだり困ってしまう場合も少なくありません。
このようなときは、書類作成のプロである行政書士に相談すれば、行政書士は適切なアドバイスを行ったり、迅速かつ正確に書類を作成してくれます。
行政書士とは、依頼を受け報酬を得て、役所などへ提出する各種書類の作成を行う、いわば書類作成のプロでもあるのです。

<行政書士は街の法律家>
自動車の車庫証明やカフェレストランなどをはじめるときの申請手続き、相続争いを避けるための遺言書の作成、離婚する際の離婚協議書の作成なども、行政書士が関わることができる分野です。
このように、行政書士とは日常生活上のあらゆるシーンで人々の暮らしを支える、街の法律家としての活躍も期待されているのです。


<関連情報>
■行政書士の仕事内容と収入についてもっと詳しく知りたいなら
行政書士の年収ラボ
行政書士のリアルな年収の増やし方